読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサイヒロタダの垂れ流し

好奇心旺盛な20代サラリーマンが日常を垂れ流します。ライフハックとか言いたい。

情報処理技術者試験で基本情報と応用情報をスキップするための考え方

スポンサーリンク

こんにちわ。アサイヒロタダです。

 

そろそろ情報処理技術者試験の春期試験の申し込みが始まるころですねー!

情報処理技術者試験基本情報技術者試験(FE)に始まり、応用情報技術者試験(AP)、そして高度試験(ネットワークスペシャリスト試験、情報セキュリティマネジメント試験、データベーススペシャリスト試験など)と続いていきます。

 

就職活動前に取得したい学生の皆さんも多いのではないでしょうか。私が社会人になった時は、同期に基本情報や応用情報を持ってる人もいましたねー。僕は何も持ってませんでしたがw(正直、資格は社会人になってから取った方がいいんじゃないかと思ってます。会社が受験料出してくれたり、報奨金貰えたりする場合もありますし)

 

ほとんどの人は、まず基本情報を取って、次に応用情報、それで次のステップで高度試験に挑戦していくのかなと思います。でも正直、基本情報と応用情報って範囲広すぎるんですよね・・・・・ 私も一応エンジニアの端くれですので、得意分野ってもんがあります。インフラ系なので、セキュリティやネットワークあたりは比較的得意なのですが、開発系やデータベース、プロマネ系、法律関係は苦手だったりします。

 

基本情報レベルならまだ大丈夫かもしれませんが、応用情報にもなるとちょっとメンドクササを覚えてしまいます。興味が少ない分野や、普段仕事で使わない分野の勉強をするのって凄いしんどいですよね笑 僕はハッキリ言って嫌いですw

 

そんな私のようなタイプの人はいきなり高度試験を受けてしまいましょう!!

 

実は高度試験を受けるのに、基本情報や応用情報は持っている必要が無いんです。

私はいきなりネットワークスペシャリストを取りました。

 

これならば自分の得意分野の勉強を重点的にやれば良いので、比較的モチベーションが高いまま勉強を進めることができます。

 

しかし、一個だけ嫌でもやらなくてはいけないことがあります。それは、

 

午前Ⅰ対策です!!!!!!

 

午前Ⅰは全ての高度試験で共通の試験範囲となっていて、応用情報や全高度試験に関する内容の問題が出ます。ネットワークにセキュリティ、アルゴリズム、ソフトウェア、ハードウェア、ヒューマンインターフェース、プロジェクトマネジメント、システム監査、経営戦略マネジメント、法務まで何でもありのバーリトゥードですw

 

ちゃんとした試験範囲は公式ホームページの試験要綱を見てくださいねー!

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:試験要綱・シラバス など

 

こんなに範囲広かったら話が違うやんけ!!!憤怒

 

とお怒りの方も多いかもしれないですが、高度試験のポイントは午前Ⅰだけが広範囲ということです。午前Ⅰは選択問題ですし、一度過去に出た問題がそのまま出ることもあるので、過去問を数年間分記憶してしまえば対策はある程度可能です。

 

午前Ⅰを対策しましょう。

 

最悪、問題と選択肢をそのまま覚えてしまいましょう。単純記憶でも大丈夫です。

 

ポケットスタディ 高度試験共通 午前1・2対応[第2版] (情報処理技術者試験)

ポケットスタディ 高度試験共通 午前1・2対応[第2版] (情報処理技術者試験)

 

 

自分は数年前ですが、これ(↑↑↑)で勉強しました。ただ、過去問も公式ホームページにありますので、そっちで勉強しても大丈夫です。

 

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:過去問題

 

他にも色々な参考書も出てますので、好きなのを探してみて下さい! 僕は重くなくて持ちやすい、解説もコンパクトなのを重視しました。

 

過去問で勉強する場合は春季と秋季の午前問題を5,6年分やるといいようです。

 

一回午前Ⅰを受かると、次回からはパスする権利が貰えます。

 

午前Ⅰだけは一回で取ってしまいましょう

午前Ⅰを免除する条件。

高度試験の午前I試験については次の条件のいずれかを満たせば、その後2年間は受験免除となります。

  • 応用情報技術者試験に合格する。
  • いずれかの高度試験に合格する。
  • いずれかの高度試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績を得る

 なので、勉強していて午前Ⅰから午後Ⅱまで勉強するのは正直しんどいって場合は午前Ⅰだけは気合いをいれて取ってしまいましょう。

 

一度どれかの高度試験で午前Ⅰ試験で基準点を取ってしまえば、2年間は次の試験を受けるときには午前Ⅰを受けなくて良いので、もう専門分野以外の広範囲学習をしなくて良くなります。

 

こうすれば、基本情報と応用情報を取らずとも高度試験のみを次々と取ることも可能になりますー♪

 

後は得意分野での闘い

午前Ⅰの対策が完了したら、午前Ⅱになりますが、こちらも同様に記憶ゲーで行けます。覚えちゃいましょう。午前Ⅱは範囲が絞られた午前Ⅰという認識で問題ありません。

 

反復練習です!笑

 

午後Ⅰ、午後Ⅱに関しては社会人エンジニアをやられている方は結構実務的な内容ですので、勉強しやすいと思います。こちらは良さげな参考書を買って各自勉強しましょう!!!

 

おわりに

如何でしたでしょうか。「会社から資格を取れと言われているけど、苦手な分野があって応用情報は少しハードルが高いー」という人にオススメですよー。

 

僕は実務に資格は重要だと思わないタイプですが、一度取ってしまえば上司から言われることも無くなるので、取れるうちに取ってしまいましょう!!!