アサイヒロタダの垂れ流し

好奇心旺盛な20代サラリーマンが日常を垂れ流します。ライフハックとか言いたい。

【就活生、転職者向け】人が辞めやすい会社の調べ方・予測の仕方について簡単にまとめてみる【離職率とか】

スポンサーリンク

こんにちわ。

アサイヒロタダです。

 

就職活動中の学生や転職活動向けの記事になります。

なんだかんだ離職率とか退職者数とかって気になる数字ですよね?

僕も学生のときは結構気にしていたりしました。

 

「離職率が高い会社=悪い」という訳ではないですが、やっぱり気になるところ

 

個人的にはブラック企業を見分ける一つの目安として有用だと思いますので、少し調べ方とか、考え方をシェアしたいと思います。

 

 

離職率が高いと悪いのか

「離職率が高いから=悪い」とは一概には言えません。

これは、ある程度業界に依存する部分があるからです。

 

外資系の会社やベンチャー系の会社は比較的高い傾向にある印象です。

これは忙しくて大変だからという訳ではなくて(そういうパターンもありますがw)もともと独立意識が高い人が多かったり、より良い職場を求めて転職というパターンが多いからだと思います。

やりたい事が他に見つかって転職というパターンなら別にネガティブではありませんよね!

 

他にも人材の流れが速いような業界では、別に3年くらいで辞めて次の会社に行くのが普通っていうパターンもあったりしまので、自分の働きたい業界がどういうタイプなのかを考えて調べてみるといいと思います。

 

しかし一般的に離職率が高いってことは「人材が定着しにくい企業」ということになります。

何年目で辞めたとか、退職時期がたまたま重なった等の要素も絡みますので、一概に有用とは言えませんが、一つの見方として参考になる指標です。

 

僕自身、終身雇用なんかは考えていないタイプではありますが、居心地が悪い会社では働きたくないので、自分の身を守るためにも情報収集は欠かしませんでした。

 

個人的にはベンチャーでも離職率が高い会社はエントリーしたくありませんw

 

 

離職率は一般には公開されていません

少なくとも、会社の公式ページなどには載っていません。

 

「人材が定着しやすい会社」とか「数年間で退職者を出していません」なんていうパターンはたまに求人広告で目にしたりしますが、逆はなかなか無いです。

 

企業に取ったら離職率が多いというのはマイナスイメージになりますので、公開したくないのも当たり前ですねw

 

なので、離職率は何%!みたいなデータはまず見つからないと思います。

でも気になる離職率。

 

そこで、調べ方と予測の方法をいくつか紹介したいと思います。

 

 

1.就職四季報を読む

大学生にお馴染みの就職四季報です。

就職四季報 2017年版

就職四季報 2017年版

  • 作者: 東洋経済新報社,東経=
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/01/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

この本は「新卒入社3年後離職率」とか「平均年収」、「残業状況」、「有給休暇取得状況」、「30歳賃金」といったディープな情報が沢山掲載されています。

 

個人的に一番素敵だと思う点が「新卒入社3年後離職率」です。

 

新人が入社してから3年後まで退職している確率になりますが、この情報を掲載している本は他にはあまり見かけません。

 

当たり前ですが離職率が高ければ高いほど、「新しく入った人材が定着しにくい会社」であることがいえます。

 

最近では「優良・中堅企業版」なんかも出ているみたいです!

就職四季報 優良・中堅企業版 2017年版

就職四季報 優良・中堅企業版 2017年版

  • 作者: 東洋経済新報社,東経=
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/01/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

自分の受けたい業界の知らない企業も色々載ってたりするので、一度読んでみることをオススメします~♪

 

 

2.口コミサイトで調べる

今の時代、インターネットが発達していますので、色々なサイトで情報を得ることができます。

 

レストランなんかでも口コミを見て選ぶことがありますが、会社も口コミを見て選ぶことが可能です。

 

syukatsu-kaigi.jp

jobtalk.jp

 

転職会議や就活会議といったサイトで企業の口コミを見ることができます。

 

離職率が何%という情報は掲載されていませんが、「長く働けるか」といったようなアンケートが実施されていたり、福利厚生や給与水準といった項目の情報を得ることができます。

 

僕も実際に転職活動をしていたときは転職会議をかなり参考にさせて貰いました。

下記の記事でも紹介しています!(参考まで)

asai-hirotada.hatenablog.com

 

 

3.企業規模と採用数を照らし合わせてみる

最後は一見地味ですが、重要な作業です。

これは会社の規模が数百人規模の会社のときに使える手法になります。

 

どういう考え方かというと、企業年数と社員数と新卒採用数を見ていきます。

こういった情報は特にマイナスになる情報でもないので、就職サイトでも普通に見ることが可能です。

 

例えば社員数が200人くらいの会社で、新卒採用の数が

  • 2015年:20人
  • 2014年:15人
  • 2013年:30人

のようになっている会社は少し注意して見て見ると良いかもしれません。

 

この3年間で計65人の新卒採用を行っていることがわかります。

 

200人規模の会社の場合、4分の1以上の数です。

これは多いでしょうか、少ないでしょうか。

 

個人的には少し多いように思えますが、こういう企業を見たときに注意して見て欲しいのは会社の設立年数。

 

最近できたようなベンチャー企業なら、まだアリかもしれませんが。

20年とか。25年とか経っているような場合は、人材が定着していない可能性が考えられます。

 

20年くらいやっている会社で毎年20人くらいの新卒採用をしていたら会社の規模としては結構なものになります。これで会社の規模が20人程度というのは不自然です。

 

新卒を使い捨てているようなイメージですね。

そんな会社は受けなくて良いと思います。

 

四季報や口コミサイトに載っていないような会社を受けるときには少し注目してみると面白いかもしれません!!

 

 

 

おわりに

僕が学生の頃とか、転職活動の時に使っていた方法をいくつか紹介してみました。

人を人とも思わない会社はスルーしていった方が、心身ともに健康的ですし、無駄な時間をかけずに済みます。

 

このご時勢、会社は星の数ほどありますし、情報も腐るほどネット上に転がってますので、色々な情報に左右されてしまうかもしれません。

 

これ本当かよ?って疑うくらいで丁度良いと思います。

企業なんて説明会や面接では良いことしか基本的には言わないので、まず疑ってかかるようにしましょう!!!

 

この記事に書いてあることも例外ではありません・・・笑

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

以上です!