読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサイヒロタダの垂れ流し

好奇心旺盛な20代サラリーマンが日常を垂れ流します。ライフハックとか言いたい。

プレゼントで「何を買ったら良いのか困ったとき」に役立つ「失敗しにくいプレゼントの選び方」について紹介します

スポンサーリンク

こんにちわ。
アサイヒロタダです。

f:id:asai_hirotada:20160311000415j:plain

プレゼントをあげるシーンは、誕生日やクリスマス、記念日、祝い事、送別会、バレンタインデー、ホワイトデー等々。。。色々ありますよね。

相手に欲しいものを聞いてしまうのが一番楽でか確実ではありますが、「聞きづらいとき」や「聞けない時」っていうのはあるものですし、聞いてみたものの「特に欲しいものが無い」っていうようなパターンもあったりします。

 

この記事では、プレゼントで相手に何をあげたら良いのか悩んでいるときに利用できるプレゼントの選び方を紹介したいと思います。

(誕生日とか記念日といった比較的重要度が高いイベントよりは、ホワイトデーやバレンタインデーといったようなイベント向きかもしれません。)

 

相手の得意分野を攻めない

まずは相手の得意分野を避けるのがポイントです。得意分野っていうのは趣味趣向と考えてもらって問題ありません。ファッションとか音楽とか映画とか何かしら拘りのあるジャンルということですね。相手の得意分野でプレゼントを選ぶのは、相手の好みを完全に理解できていて、「これは絶対に喜んでもらえると確信できるとき」以外は避けた方が無難です。人間、好きなものには「こだわり」っていうものがありますので、相手の好みに合わない品を選んでしまう可能性が高くなってしまいます。

 

例えば、PC好きな相手にノートパソコンを買ってあげるとすると、CPUのスペック云々とかメモリが足りないとか、もっと画面が大きい方がとか、そういうことになるかもしれません。(PCを買ってあげるシーンはそんなに無いとは思いますがw)

 

ファッション好きな人だと、好きなブランドとかが凝り固まっていたりするものです。あまり相手の好きなブランドを把握せずにプレゼントしてみると、実は好みではなかったということも有り得ます。音楽好きと言っても、ロック好き、クラシック好き、ポップス好きといったような信仰にも近い何かがありますよね。例えば、ロック好きな人にクラシックなコンサートのチケットをプレゼントしても微妙な雰囲気になるでしょう・・・

 

相手の好きなものが明確に分かっている場合には、アリです。

好きなブランドとか、好きな歌手、好きな映画、好きなお酒、好きな〇〇。

もし調査が出来そうなら、少しは情報収集をしておくのが良いでしょう。

 

一番やってはいけないのは「相手が好きなジャンルで、自分が良いなと勝手に思ったものを選ぶ」ってことだと思います。危険大です。

 

 

相手がなかなか自分では買わなそうなものを選ぶ

好きだけど、自分でなかなか買わないものってあったりしませんか?

例えば僕の場合だと、洋服は好きですけど、マフラーとか手袋みたいな小物類はあまり買ったりしません。正直、無くても生活できてしまうからです。でも有ったら良いなと思ってはいるので、持っていれば絶対使いますし、重宝します。

こういう、あったら良いなと思うけど、なかなか自分からは手が出ないといったようなものはプレゼントには最適です。

 

そういった相手があまり持っていなさそうなものを選ぶと、相手が既に持っている可能性も減らすことができます。

 

趣味に合わせて選んでみると結構喜ばれます。(趣味そのもので無いところがポイントです。)

例えば、お酒好きな人には、お酒そのものよりもワイングラスやショットグラスといったグラス類とかも良いかもしれません。

 

ちょっと良い文房具とか、ネクタイとか、ハンドタオルとか、ハンドクリームとか、石鹸とか、キーケースとかも有ったらそこそこ使うものですよね。

 

ここで、相手にこだわりがありそうな場合は避けていきますw

 

 

 

消費しやすいもの、かたちに残らないもの

これは場合によりけりですが、消費し易いものは結構無難です。

いわゆる消耗品というやつです。

ハンドソープやバスソルトなんかも使っていけば使っていくほど減っていきます。

 

こういう使っていけば減るものは、あれば使うので結構喜ばれるシーンが多いです。

消耗品は使えば減っていくので、中々自分では「良いもの」を買いにくいものです。

 

バレンタインデーのチョコレートなども食べれば無くなってしまうので、消耗品の一つと言えますね。食べ物は全般的に当てはまります。

 

プレゼントだからこそ、ちょっと良さ気で高級感のあるようなものを選んでみるのをオススメします。

 

 

おわりに

ここで紹介したものを全てまとめてみると、

「相手がそこまで熱中していなく、自分ではなかなか買わなそうな、消耗品」

が一番無難ということになりますがw

 

これだけ聞くと、プレゼントとしては微妙に聞こえてしまいますよね・・汗

誰でも選べるんじゃないの?って思われた方もいるかと思います。

 

でも待ってください。

ここまで選択肢を絞ってでも、まだ結構選択肢があると思います。ネクタイにしても、キーケースにしても、グラスにしても、そこまで絞っても世の中には沢山の種類があるものです。

 

その中からプレゼントしたい相手にピッタリだと思う一品を選べるのは、そのプレゼントをする人だけです!!!

 

これはイマイチだなとか、これは好きそうといったような感覚は自分にしかないものです。そこは自分の感性を信じて、自信を持って選んでみましょう。

 

彼氏彼女に送る誕生日プレゼントなんかは個人的には「かたちに残るもの」が素敵だと思うので、そこは適宜応用して頂ければと思います!

 

以上です!