アサイヒロタダの垂れ流し

好奇心旺盛な20代サラリーマンが日常を垂れ流します。ライフハックとか言いたい。

海外に行って人生が変わるかどうかは行った人次第だし、その人がどう思うかは勝手じゃないですかね。

スポンサーリンク

こんにちわ。
アサイヒロタダです。

 

何か「旅に行って人生云々」みたいな話が最近ツイッター見てたら流れてきました。

その人の記事について云々書くつもりは毛頭無いんですけど、私自身海外旅行で人生観変わったことがあるんで、自分の話を書いてみたくなりましたw

 

海外旅行に行きたくない時代から遡って、つらつら行きます。
もし良ければお付き合い下さい。

 

さて。

 

僕自身、子供の頃からインドア系で、趣味といえばゲームやら漫画やら映画やら音楽やらって感じで基本的に家にいました。音楽もライブとか行くなら健康的ですが、「人ごみ嫌だし、CDのが音質良いよね」的な捻くれたタイプに成長w

 

中学までは部活動もやっていたけど、高校に入って部活動に何も入らなかった自分はインドア系に磨きをかけていきました。

 

大学生になってもこの傾向は変わらずインドア。

 

で、すっかり捻くれ野郎になっていた僕はついに残念なこのセリフを吐く訳です。

 

「海外旅行とか留学に行っただけで人生観なんて変わる訳ない。あんなの自分が無いやつが変わった気になってるだけ。」

 

大学生になると、バイトしてお金貯めて、夏休みや春休みになると海外旅行に行ったりとか、短期留学したりする友人もちらほら出て来るものです。そんな彼らを見て、僕は心の中で先述のような感想を抱いていました。

 

今思うと凄い残念なヤツです。
しかも海外に行ったこと無いくせにこんなこと言っていたんだから困ったものですw

 

そんなこんなで海外経験など皆無なまま、気づいたら大学4年生になっていました。
就活も終わり、待っていたのは卒業研究。

文系学生は内定を貰ったら楽しい卒業旅行ライフが待っているのかもしれませんが、理系学生な僕には卒業研究をして、卒業論文を提出するというミッションが。

 

研究室にも寄るのでしょうが、僕の研究室は割りとハードな感じでした。泣

今思うと良い思い出(?)なのですが、当時思うとアカハラなんじゃないかというような状態に陥り、結果としてメンタルをやらかしてしまいます。震えて研究室に入れないくらいには研究室恐怖症になり、ミッション・インポシッブルになるではと覚悟したのを覚えていますw

 

そんなギリギリのラインで研究室ライフを送っていた僕に待ちに待っていた夏休みがやってきます。(割とブラック寄りだった我が研究室にも一応夏休みがありました!)

 

「大学最後の夏休み。満喫してやろうじゃねーの」と意気込みます。

 

研究生活から少しでも逃亡を図りたかった僕は、

「どこか遠くに行きたい・・・(白目)」

と考えるようになり、

そこで人生で初めて海外に行く一大決心をしました。

 

夏休みの8月のど真ん中は大学生のお財布には少し厳しかったので、ヨーロッパのとある国に留学をしていた友人の家にホームステイさせてもらって2週間くらい海外で逃亡生活を満喫。

 

持つべきものは友ですね。

 

友人は昼間は学校に行っていたので、昼は街中を一人で散策し、夜は友人の現地でのコミュニティに混ぜてもらって現地の人と交流したりしてました。今まで体験していなかった文化とか町並みとか人っていうのはインドア系だった自分には結構刺激的で、自分の中の凝り固まった価値観を変えてくれました。人並みですが「こんな生活が世の中にはあるんだな」と思った瞬間で、毎日に疲弊していた自分の精神は確実にポジティブな状態になりました。逃亡生活サイコーー!

 

今でも、あの時にあの場所に行っていなかったらどうなっていたかは分かりませんし、あの夏休みの2週間は確実に自分のためになったと思っています。

 

「それは君の人生が、その程度の経験で変わるものだったんだよ」と言われちゃうかもしれませんが(実際にそうだったかもしれませんがw)、それでも僕は自信を持って言えます。「あの時の経験は自分にとって確実にプラスでした」

 

で、ここまで書いてやっと本題なんですがw

 

周りの人が何と言おうが、

自分がプラスになったと思えば、それで良いんですよね。

新しいものや知らない世界を感じて、自分の生活が少しでも豊かになったと思うのであれば、それは良い旅だったんだと思います。

 

その人がどんな経験をしたのかは、その人にしか無いものですし。

 

海外に行く前の経験値がどうだったかなんて、どうでも良いわけで。

 

旅行先で何をして、何を感じたか。だと思ったりしています。
楽しかったり、幸せだったりすれば、それだけで良いんじゃないかと。
脳に適度な刺激を与えてあげられれば、海外旅行に行った価値もあるもんですよ。

 

スポンジのような気持ちで、
自分の知らないものや価値観などを何でも吸収すれば、
経験値として確実に溜まっていきます。

 

そんなこんなで今ではすっかり海外旅行好きな僕。

社会人になってからというもの、年に1度は何処かへ旅立っています。

 

今年は何処に行こうかな!

そろそろ夏休みの旅行計画を立てようと思った今日この頃です。

 

以上です!