読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサイヒロタダの垂れ流し

好奇心旺盛な20代サラリーマンが日常を垂れ流します。ライフハックとか言いたい。

あれ?四月になっても忙しさが変わらない??っていう話

スポンサーリンク

こんにちわ。
アサイヒロタダです。

 

久しぶりの更新となってしまいました。。。

仕事が忙しいからってのは言い訳に過ぎませんが、4月になっても予想以上に忙しさが残っていて、なかなか自由な時間が取れませんでした。

 

新年度になったら忙しさも落ち着くとかいうのは希望的観測に過ぎませんでした。笑

厳密にいうと、予想外のことが起きたせいで計算が崩れたっていう~・・・

 

実は組織全体で見ると、仕事量は少し落ち着いてきているように感じています。

では、なぜ忙しさは変わらないのか。

 

それは、人が足りないから!!!!泣

 

年度末から年始にかけて、人の動きが色々あったので人が足りていないのです。

人の動きを計算に入れていなかった僕、涙目です。

 

やはり年度末は組織変更が色々なところであったり、人事異動もあったりと予想外のことが立て続けに起こるもんですね~~~(白目)

 

人が一人減ると、その人の仕事をほかの人がやることになるので、単純計算で仕事を振られた人は忙しくなります。追加でくる仕事の量もメンバーが減っている分、残ったメンバーは追加の仕事も今までより多く発生します。

 

一人減っても結構大変ですけど、何人もいると絶望的ですw

 

新しいメンバーを雇ったとしても、うまく軌道に乗るまでは時間がかかるので、組織が元の姿に戻るまでは数か月を要します。これだと結構大変・・・。

 

僕はやりたい仕事を出来てないなら、部署とか職種を変えればいいと思っているタイプの人間なので、部署移動とか転職で人が抜けるのは好き勝手にやっていいと思っているタイプなんですが、実働が増えるのはやっぱりしんどいw

 

転職とかだと「出来る人」が新天地を見つけて出ていくパターンが多いので、その穴を埋めるのは中々難しい。。優秀な人が出て行ってしまうとダメージが本当に多いです。

 

人が減っても大丈夫なような組織づくりが出来ているのが健康的で理想なんだなと本当に思います。それが理想だけど、どの会社も「そんな余裕がない」というのが正直なところなのでしょうか。

 

余裕を持った人材配置をすると、その分の人件費が余計に発生しますので難しいですよね。

 

まあ、僕みたいな一般社員が頭を捻らしても仕方ないのですが!!!笑

 

今月を乗り切ればゴールデンウィークという気持ちでポジティブに行きたいと思うこうこの頃です。強く、生きます!

 

以上です~。