読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサイヒロタダの垂れ流し

好奇心旺盛な20代サラリーマンが日常を垂れ流します。ライフハックとか言いたい。

LastPassで多要素認証を有効にする方法について

スポンサーリンク

こんにちわ。アサイヒロタダです。

本日は先日紹介したLastPassのセキュリティを少し強化してみたっていう話です。
LastPassって何?っていう方は下記の記事を参照してみて下さい。

asai-hirotada.hatenablog.com

セキュリティの強化ということで、まずは多要素認証を実施してみました。

 

多要素認証を有効にしてみる

多要素認証はGoogleが用意している「認証システム」が使い勝手良さそうだったので、こちらを利用してみました。

play.google.com


まずLastPassのアカウント設定を開く必要があります。
LastPassの保管庫に移動しましょう。

f:id:asai_hirotada:20170317002246p:plain


こちらはFirefoxを利用している画面ですが、ブラウザのツールバー上に表示されているLastPassのアイコンをクリックするとメニューが展開されますので、こちらから保管庫を選択できます。

f:id:asai_hirotada:20170317001832p:plain


保管庫に移動すると左下にアカウント設定が見えますので、これをクリックします。
すると、アカウント設定の画面になりますので、多要素認証を選択します。

f:id:asai_hirotada:20170317000017p:plain


上記のような画面になったら、利用したい多要素認証ツールで鉛筆マークをクリックして下さい。今回はGoogle Authenticatorを選択します。

f:id:asai_hirotada:20170317000131p:plain


「有効」を「はい」に変更して、Barcodeの閲覧からバーコードを表示させます。そして表示させたバーコードをGoogle認証システムのカメラ機能で読みこめば、アプリとLastPassアカウントがリンクします。

リンクを確認したら「更新」をクリックして下さい。これを有効にすると、次回のログイン時からGoogle認証システムに表示されるパスワードの入力が必要になります。

f:id:asai_hirotada:20170317003831p:plain


もしマスターパスワードが何らかの形で漏洩してしまった時も、多要素認証を有効にしておけばLastPassに登録してあるサイト自体のパスワード流失への対策になります。
ひと手間かかりますが、安全のため、自分でできる限りの対策はしておきましょうー!

簡単ですが、本日は以上です!